プロに聞く!新ハイゼットカーゴの、ここで差がつく

INTERVIEW 現場で活躍するプロに新ハイゼットカーゴの魅力をインタビューしました。

03 傷ついてもバンパー交換不要のコーナーピース

現場目線から生まれた コーナーピースの発想。 メリットはありそうですか?

配送業
中嶋健太さん
これは大切ですね。配送業の人にとっては必ずといっていいほど、こすりがちなところだと思います。
配達中、道路脇に駐車するときも、周りの迷惑にならないように結構ギリギリまで脇に寄せて駐車するんですけど、コーナーは見えないので、縁石にあてたり、目測と違ってギリギリ(電柱などに)こすったりすることがあります。
こすったりすると会社には報告するのですが、こすり傷程度だと都度修理というよりは、そのままにしておくことも多いです。車を修理に出してしまうと、代車になるので勝手も違うし、やっぱりいつも乗っている車の方がいいので、コーナーピースだと修理の期間も短くて済むと思うのでそれが何よりいいですね。
ケータリングサービス
清水拓郎さん
バンパーは今も傷がついています・・・。いけると思ったけど縁石にあたっちゃったということがありました。ちゃんときれいに乗るためには、コーナーピースがあったらいいですよね。今のクルマは使い込んじゃいましたけど、新しい車になったら、きれいに乗りたいので、これはいいと思います。
内装クロス職人
大塚純さん
現場に傷をつけた車で行くのは周りの人を不安にさせてしまいそうで気がひけてしまうけど、フロントバンパーを全部変えるとなると結構費用もかかりますし、きれいなところまで含めて全部変えないといけなくて、ちょっといやな気持ちが残っていました。自分で交換できるようなパーツなら、自分でスペアを置いておきたいです。カラーカスタマイズもできるようになるといいなと思います。

修理費用を抑えるコーナーピース。

フロントバンパーの角を覆う別体パーツ。傷が目立ちにくく、傷がついてもバンパー全体ではなく、コーナーピースだけ替えれば完了。修理の負担を軽くします。

コーナーピースについてさらにくわしく

Question

TOPへもどる