結局、ミラ イースはオススメなの?

いいものを、誰にでもお求めやすく

このミラ イース、勘違いされている方が多いかもしれません。軽自動車の中でも安さを追求したモデル、だと思っている方が多いのではないでしょうか。これは大きな誤解。ミラ イースが追求しているのは「いいもの」をどれだけ「お求めやすい価格」で作るか、ということ。これに尽きます。そして、この部分がさらに進化しています。

 

乗ってみると、ボディはしっかりしており、速度コントロールもしやすい。街中を走るという観点で見て、とてもよくできています。後席はとても広く、室内の質感も高い。デザインもエッジラインが鋭く入り、存在感があります。安全性の面では、スマートアシストⅢがついています。さらに忘れてならないのが、80kgの軽量化によって実燃費も期待できます。

 

どこを見ても完成度が非常に高い。その上お求めやすい価格というのはこれまで通り。総合的に見て、コストパフォーマンスがとても高いです。軽自動車はもちろん税制優遇がありますが、それを除いたとしても、コンパクトカーと比べて十分魅力的なモデルに仕上がっています。


詳しく見る

コンパクトカーを検討しているすべての人に

ミラ イースに触れると、時代は変わったんだなということを痛感します。このクオリティで100万円前後のお求めやすい価格です。いままで軽自動車を乗り継いでいる方には、もちろんおすすめできます。スマートアシストⅢがついているから、安全性を考えてコンパクトカーを買っていた方にもおすすめできます。さらに、ヘッドクリアランスがあり、後席も広いという優れた居住性を考えれば、ゆったりとクルマに乗りたいという、セダンを乗り継いできた方にもおすすめできます。ミラ イース、総合力がとても高いですね。

【モータージャーナリスト プロフィール】

五味  康隆 <Yasutaka Gomi> 

1975年(昭和50年)11月10日生まれ 出身地:神奈川県

経歴:

1989年 自転車トライアル競技を始める

1992年 自転車トライアル世界選手権に日本代表選手として出場。

1994年 自動車免許を取得して自動車レース競技に転向

1995年〜 レーシングカートからステップアップを重ね、全日本フォーミュラー3選手権に2001年まで参戦

2001年 経験から得た運転技術と知識を基に、各種安全運転スクールの講師やドライビングインストラクターとして活動。

2003年 モータージャーナリストとして活動を開始。評論や自動車雑誌等への執筆、メーカーの先行開発協力など、各種活動を開始:主な執筆及び連載先「Carトップ」「Carview(yahoo自動車)」「MEN’SCLUB」など

紹介:

自転車トライアル競技で世界選手権に出場。その後4輪レースに転向して全日本F3選手権で3年間戦ったのち、モータージャーナリスト活動を開始するという異色の経歴を持つ。各種ドライビングスクールのインストラクターを務めるなど、確かなドライビング理論と優れた運転技術に裏付けされた解り易い解説には定評がある。また先進技術や次世代車量への造詣も深い。コンパクト系からビックSUVまで今まで乗って来たクルマは多種多彩。絶えず最新次世代車を所有して日常での特性を探ることを大事にしている。

2016—2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員


CHECK1:走りと燃費性能 | CHECK2:安全性能 | CHECK3:デザイン | CHECK4:総合力

Page top