POWER OF WAKE GEARウェイクの大人の遊び術【TREKKING】

画像の車両は、一部現在の仕様と異なります。(2016年5月現在)

ふたりで行く登山。
朝まで、車内でゆっくり仮眠を取ろう。

車内でふたりがゆったり眠れる、そんなクルマがほしかったのは、この時のため。
広々空間に寝心地のいい専用クッションがあれば、言うことなし。目が覚めたら、絶好の登山日和。深呼吸して、歩きだそう。

体力の温存がカギ。疲労させない装備が満載。

シートを倒せば足を伸ばして休憩できるフルリラックスポジション

フロントシートを後ろに倒せば、足を楽々伸ばせる。ちょっとした休憩時や仮眠を取る時に便利。

状況に応じて仮眠を取れる嬉しい機能

朝が早いトレッキング。登山前に仮眠を取れると、万全の体制で登山が行える。

プライバシーシェード

ジョイントクッション

後部座席の足元広々!

足元空間が広いため、着座時に足が伸ばせる上、足首が固定されるトレッキングシューズを履いたままでも窮屈感が全くない。

4人分の装備でもラクラク積載。温泉にいく荷物も。

トレッキングは、山小屋泊でもそれなりの荷物になるから、ラゲージが広いことが大前提。さらに、温泉に立ち寄るなら、着替えなどの荷物が増える。それらすべてを積み込める上、トレッキングに不要な荷物はそのまま車内に置いておけるし、室内が広く着替えも容易。

1泊2日4人分の、登山+温泉用の荷物※も余裕で積載

ラゲージボード★」を装着し、30~40 L のザック4個とトレッキングシューズ4足、ポール4組を上下2段に分けて積み込んだ。荷物がリアシートへ飛び出さないよう、「セパレーターネット★」も装着済み。また、ラゲージ下のアンダートランクには、着替えと温泉に立ち寄る際に必要なお風呂セットを収めたトートバッグ4個もすっぽり入る。

ラゲージボード

セパレーターネット

ヘッドライトや手袋など
ちょっとした小物を掛けられる
クォーターウィンドゥネット

ラゲージ横のウィンドゥに「クォーターウィンドゥネット」を装着。カラビナやフックを併用すれば、スペースを有効活用して、よく使うアイテムを整理・収納できる。

★はディーラーオプションです。

■写真の小物類は撮影のために用意したものです。
■ラゲージボード、セパレーターネット、クォーターウィンドゥネット、カーテンはディーラーオプションです。オプションの詳細は別冊ウェイクアクセサリーカタログをご覧ください。
※お客様のお使いの製品によっては積載できない場合もあります。
■走行中は収納したものが運転の支障とならないように、しっかりと収納または固定してください。
■積載時には装備の耐荷重制限があります。
■ Photo:G"SA"2WD。ボディカラーはオフビートカーキメタリック〈G55〉
■ラゲージボード、セパレーターネットの装着にはユーティリティフックが必要です。

Page top