ダイハツ みんなの安全安心プロジェクト

だれもが安心してクルマとくらしてゆける社会へ

交通事故のない社会を目指して「もっと軽にできること」ダイハツの先進テクノロジー「スマートアシスト」スマアシ衝突回避支援システム
スマアシⅢ登場!
スマートアシスト搭載車両 累計販売台数 100万台突破

予防安全機能が「あたりまえ」の未来へ

安全・安心を、限られた人だけでなく、クルマに乗るすべての人にお届けしたい。
だから、ダイハツは予防安全機能「スマートアシスト」を幅広い車種に展開できるように開発し、
さらなる安全性を求めて進化させてきました。
エアバッグやシートベルトとおなじくらい、世の中のすべてのクルマに
予防安全機能が「あたりまえ」のものになる未来をめざして。

ホントに止まった!
びっくり!
すごい進化!

スマアシとは

さらに進化したスマートアシストⅢが、運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避を図り、あなたの安全運転を支援します。
ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、世界最小ステレオカメラ※を新搭載。
歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。 ※2016年11月現在。ダイハツ工業(株)調べ。

■スマートアシスト・スマートアシストⅡ・スマートアシストⅢは、お客様の安全運転を前提としたシステムです。システムに頼った運転は行わず、安全運転を心がけてください。
■車種により、機能の内容やメーター内の警告表示が異なります。詳しくは各車種のページでご確認いただくか、販売会社にお問い合わせください。
■スマートアシスト・スマートアシストⅡは一部機能が異なります。
■スマートアシスト・スマートアシストⅡの機能については各車両紹介ページをご覧ください。

乗ってみて分かったこと! みんなのリアルな声を集めました

  • あと数年で60歳を迎えるのだが、20代、30代のころから比べれば確実に運動能力や視力など、落ちてきている。安全のためのアシスト機能は、間違いなくないよりあった方が良いと思う。

    50代 東京

  • 最近ニュースで多い誤発進がこわいので、機能があるないでは、かなり違います。最近高齢の父が運転することは大部減りましたが、乗る時の事を考え、車を選ぶ際選びました。

    40代 千葉県

  • 娘の車に付けました。免許を取って、初めて運転して、信号で停まった時、衝突回避支援ブレーキ機能が作動しました。本人はマニュアル車の感覚でブレーキをかけたようですが、迫り来る前の車に恐怖を感じ、本当に機能を付けておいて良かったと思いました。

    茨城県

  • 思っていたよりも車線逸脱や人物・障害物への反応精度が高く、万が一の場合事故を回避できるかもしれないと思うと頼もしいので。

  • 買い物の時、ブレーキとアクセルを踏み間違えてしまって、前に壁があったのですが、衝突回避支援ブレーキ機能のおかげで事故にならずすみました。私は運転していた訳ではなく、助手席に乗っていたのですが、まさか実体験するとは思ってなかったので、ヒヤッとしました。

    千葉県

もっと見る
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0

ラインナップ

試乗

スマアシを体験しに行こう!

全国の会場で実施中!

イベントの詳細、開催場所をチェック
安全安心プロジェクトサイトはこちら